MENU

次世代内視鏡把持ロボット(開発中) 術者と共により快適なロボット手術へ

次世代内視鏡把持ロボット(開発中)

ABOUT 次世代内視鏡把持ロボットについて

次世代外科手術用内視鏡ホルダーロボット

従来機である「EMARO(エマロ)」を更に進化させ小型化に成功。同時に可動域は約2倍(※当社比)になったほか、術者とより協調的に手術が進行できるロボット本製品
従来の腹腔鏡手術をより快適によりスムースを可能とした次世代内視鏡ホルダロボット

CONCEPT 基本理念

より快適な腹腔鏡手術を提供するため、従来機以上のコンパクト設計、軽量化、ライトガイド運用を徹底追及
術者が思い通りの位置に移動でき、より安定した手術術野の提供を目指す


本製品は、医薬品医療機器等法未承認のため、販売、授与等は一切できません。
また、掲載する情報は開発中のもののため、変更される場合がございます。

FEATURE 次世代内視鏡把持ロボットの特徴

小型化

従来機の3分の1程度のコンパクトな設計を実現し、従来機よりも術者周辺の操作領域を確保した。

空気圧と電動のハイブリッド駆動を搭載したロボットアーム

可動域向上

腹腔内をより広く観察するため、稼働域を従来機の2倍に拡張した。

空気圧と電動のハイブリッド駆動を搭載したロボットアーム

スムースな操作

空気圧制御の機構によりロボットは柔らかな動きで内視鏡を操作することが可能。
内視鏡を腹腔にセットする位置決め(不動点設定)は、不動点合わせを行わず操作が可能なため、術者は位置合わせを行わずに常に内視鏡を腔内に挿入するだけで操作が可能となる。

空気圧と電動のハイブリッド駆動を搭載したロボットアーム