MENU

Saroa 手の届かない世界に触れる

Saroa

About the Saroa Saroa(サロア)について

世界初の「力覚」を再現した、手術支援ロボット

Saroaサロアは、世界で初めて「力覚」を再現することに成功した、低侵襲外科手術支援ロボットです。
空気圧制御による柔軟かつ繊細な駆動により、力覚を直接感じることが出来るため、遠隔操作でありながら実際に自分の指で手術を行っているのとほぼ同等の感覚で施術を行うことが可能です。

CONCEPT 基本理念

執刀医だけではなく助手医師も最高のパフォーマンスを発揮するとき、理想の手術が完成します。
力覚を再現し直感的な操作をすることができるロボットを、助手医師と協調しやすいコンパクトなサイズで実現しました。

FEATURE Saroaの特徴

力覚フィードバック

鉗子に加わる力覚を推定

従来の手術支援ロボットは、カメラ映像から得られる視覚情報のみに依存していましたが、Saroaサロアは鉗子が握る力(把持力)を制御情報から推定し、遠隔操作インターフェースにフィードバックするシステムを搭載しています。
手術支援ロボットの操作経験やこれまでの勘などに頼ることなく、力覚を感じながら安全で高精度な手術を実現します。

握っている感覚がそのまま伝わる鉗子操作ハンドル
握っている感覚がそのまま伝わる鉗子操作ハンドル

ナビゲーションモニタによる情報提示

Saroaサロアのサージョンコンソールには、内視鏡の映像を映すメインモニタの他に、様々な操作情報を表示するナビゲーションモニタが設置されています。
力覚の情報は定量数値(ニュートン値)およびバーグラフによる視覚情報としても表示されます。
執刀医以外の医師や看護師などにも操作情報を提供することができます。

数字やバーグラフで力覚を表示
数字やバーグラフで力覚を表示

軽量・小型化

空気圧駆動を採用することで、軽量・小型なデザインを実現しました。これにより、手術室間・施設内の移動もしやすく、より柔軟な運用が可能です。

小型化により助手の作業スペースが確保されている
軽量・小型化で移動がしやすい設計

安全設計

Saroaサロアのアームは、リバーフィールドのコア技術である空気圧制御で動作しているため、繊細で柔らかな動きを実現しています。機械特有の硬さによる患者様への負荷を吸収することができるため、安全な手術を行うことが可能です。
空気圧制御技術によって、アーム本体のスリム化に成功。助手医師などがロボットの至近距離にいても十分なスペースがあり、医療関係者への安全性も考えられたデザインです。

小型化により助手の作業スペースが確保されている
小型化により助手の作業スペースが確保されている

オープンプラットフォーム

Saroaサロアは、様々なメーカーの内視鏡、モニタ及び電気メス装置を組み合わせて使用することができます。病院ですでに保有している装置を使用できるため、導入コストの低減化にも寄与します。

MOVIE 製品動画

SPECIFICATIONS 製品仕様

一般的名称 手術用ロボット手術ユニット
販売名 / 承認番号 Saroa サージカルシステム / 30500BZX00108000
Saroaインスツルメント / 30500BZX00109000
Saroaモノポーラインスツルメント / 304ADBZX00118000
型式 RF-SS01
区分 クラス3(高度管理医療機器)
特定保守管理医療機器
販売地域 日本国内
対象診療科 胸部外科(心臓外科を除く)、一般消化器外科、泌尿器科、婦人科
外形寸法
  • サージョンコンソール:970(W)×890( D)× 1220(H)mm
  • ペイシェントカート:855(W)× 2800(D)× 1945(H)mm
重量
  • ペイシェントカート:492kg
  • サージョンコンソール:130kg(内視鏡モニタ14kgを含む)

Saroaの図面

Saroaの外観

Saroaの外観2


カタログダウンロード

手術用ロボット手術ユニット「Saroa サージカルシステム」カタログ


医療機器情報提供ホームページ添付文書情報メニュー(pmda.go.jp)
-----------------------------------------------------------------
Saroaの添付文書は以下のページよりご参照ください。
販売名:Saroaサージカルシステム、製造販売承認番号:30500BZX00108000
販売名:Saroaインスツルメント、製造販売承認番号:30500BZX00109000
販売名:Saroaモノポーラインスツルメント、製造販売認証番号:304ADBZX00118000
------------------------------------------------------------------
https://www.info.pmda.go.jp/ysearch/html/menu_tenpu_base.html


製品に関するお問い合わせ


開発・製造

リバーフィールド株式会社

〒107-0052
東京都港区赤坂8-1-22 NMF青山一丁目ビル4F
TEL:03-6822-9700
FAX:03-6822-9701